このウェブサイトはPEDDY POTが2016-2018年に制作したグラフィックシリーズを公開している。

 

 

コンセプトは、自分は周囲からの視線を気にしてばかりで神経質になり、周りは自分の悪口を言っているのではないか、陥れようとしているのではないかという、他人への不安感、敵意、焦燥感をコラージュをメインに作品で表現した。

 

自分が過去に撮影した写真を使用し、過去の断片で構成した。また全ての作品には共通して眼球のモチーフが入っているが、それは他人からの視線をイメージした。

 

しかしこれらの思いはほとんどが自分の思い込みであり、周囲を敵視することで、自分の弱さから逃げていることも本心ではわかっていて、作品に昇華することで、そんな過去を整理し決別したいという思いもあり制作した。

 

 

This web-site shows a list of exhibited works titled “Peddy Pot Graphics 2016-2018” by Peddy Pot.

 

I became nervous since I kept thinking about how people looked at me. I was wondering that people around me may be saying bad stuffs about myself and making me in trouble. It is feeling of anxiousness, hostility, impatience, and irritation. I expressed the feelings on artwork. 

 

I used pictures that I took in past and arranged the pieces of my past from them. Just note that all artworks from me has motifs of eyeballs which is from people who are looking at you, that’ s what I imagined. 

 

 

However, all of my feelings from people were wrong beliefs. I knew that I tried to escape from my weakness, that is why I felt hostility against people. Today, I create my artworks, because I would like to manage my emotion in my past and leave that kind of feeling from myself completely.