このウェブサイトはPEDDY POTが2016-2018頃年に制作したグラフィックシリーズを公開している。

 

制作を始めた2016年頃はやりたい事も仕事もなく、自分が今後どうすべきかわからず焦っていた時で、当時自分が抱えていたやり場のない不安感、焦燥感、怒りなどの感情をコラージュをメインにした作品で表現した。

 

全て自分が過去に撮影した写真を使用する事で、過去の記憶の断片として構成した。全ての作品に共通して眼球のモチーフが入っているが、うまくいかなかった自分を遠くからあざ笑っている他人の視線をイメージした。

それらのモチーフと激しい色彩を多用することで、神経質で雑念が渦巻く殺伐とした当時の内面のイメージをオリジナルな作品として表現できた。

 

しかし当時の心境は余裕のなかった自分の思い込みであることも本心ではわかっていて、そんな過去を整理し決別したいという思いもあり制作した。

 

この作品の制作中に海外のキュレーターに声をかけてもらうことになり、いくつかの国々でアートフェアや国際展示会に参加することができ、そしてその経歴を生かし自身でも展示を企画してその収益でなんとか生活できるようになるなど、自分の身の回りの変化に繋がり、過去に捉われず少しずつ先に進む大きなきっかけになった。

 

 

This website publishes the graphic series created by PEDDY POT from 2016 to 2018.

 

When I started my creator career in 2016, I had nothing I wanted to do or work for. When I was panicking about what to do with my future, I portrayed my anxiety, impatience, anger, and other helpless emotions then into my creations, mainly through collage art.

 

By using only photographs I had taken in the past, I composed the collages as fragments of my memories. The motif of an eyeball is common in all of my artworks—it was my imagination of the gaze of others mocking me from a distance when I wasn’t doing well.

 

By using these motifs and many intense colors, I was able to decently portray nervousness and miscellaneous thoughts swirling around—my barbarous inner image then—as original artworks.

 

However, I knew in my heart that what I felt at back then was just my beliefs when I was cornered. I also had wanted to sort out my past and put an end to it, hence I started creating.

 

During the creation of this artwork, a foreign curator contacted me, and I was able to participate in art fairs and international exhibitions in several countries. Making use of this experience, I also began to plan exhibitions, and with the proceeds, I was able to somehow make a living. These led to changes in my personal life and gave me a great opportunity to move forward, little by little, without getting caught up in my past.